自作PCで使ってきたCPUを紹介


自作PCを始めてから年月が大分経過しました。
ここで、過去に自分が自作PCで使ってきたCPUを紹介。







1.i486
 →当時EPSONから発売されていたNEC PC-98互換機を改造して、
  NEC機に見えるようなものを作った。その際に使ったCPU。
  秋葉原の秋月電気でGetした出所不明のやつだった。
  たしか486DXだったかな。
  OSは、DOSとWindows3.1だった。

2.Pentium
 →486より、かなり高速化したCPU。高価だった。このときから、
  DOS/V系の自作を開始。OSは、Windows95だった。

3.Pentium-Pro
 →いろいろバグもあって有名なCPU。その速さに恩恵を受ける
  ことはできなかった。

4.Pentium2
 →クロック266MHzくらい。これは、かなり早くなったなぁって
  思った。OSは、Windows98を使い始めたころ。

5.K2
 →あまり覚えていない。クロックアップしすぎて、燃えてしまった。

6.Pentium3
 →500MHzくらいだったかなぁ。OSは、Windows98SEだった。

7.Celeron300A
 →クロックアップを楽しめた。300→600MHzで使ってた。


8.Athlon
 →700MHz。学生最後に買ったCPU。このときより、AMD派になる。
  OSは、WindowsNT4.0。

9.Pentium3
 →1GMHz。これは、イマイチだったので、すぐに友人に売却。

10.Athlon
 →1GMHz。社会人になって、はじめた買ったCPU。
  コードネームサーンダーバードと呼ばれていた。
  クロックアップしすぎて、炎上。文字通り、焼き鳥になった。

11.Athlon
 →1.2GMHz。前代が焼き鳥に昇華したので、購入。安全に、
  定格で利用。
  このころから、OSは、Windows2000にする。


12.Athlon1800+
 →このころから、AMDがIntelに押されてくる。1.8GHzでない
  のに、1800+というネーミングが、玄人には受けなかったか。


13.Athlon3000+
 →WindowsXPを導入にあたり一緒に購入。なかなか速い。
  

14.Pentium4
 →お試しで購入。2GHz。
  安定してていいなんだけど、やっぱりathlonの方がおもしろい。

15.Athlon64
 →2GHzぐらいだったかな。CONQの機能はとてもいいと思う。
  やっぱりAMDだ。この頃から、IntelのCore2Duoに大きく
  人気・性能で離される。がんばれAMD。

16.Athlon X2(BlackEdition)
 →クロック制限なしなCPU。1.6倍速まではいけた。熱量もすげーけど、
  電力も激しい。700W電源でギリギリ
  Core2Duoいいなぁと思いつつ、しばらくがんばる。現在に至る。

次買うのは、いよいろクワトロコアかな~。ちょっと下げて、
トリプルコアでもいいかな。振り返ると、自作にかなりお金
を投資しているなぁ。。。
[PR]
by tumugu_32 | 2008-06-20 15:32 | 戯れ言


徒然なるままに夜明


by tumugu_32

プロフィールを見る
画像一覧

フォロー中のブログ

underground-...
R34 GT-VなBlog
馬鹿と変態は紙一重(馬鹿...

カテゴリ

全体
ニュースとか
面白いもの
戯れ言
謎w
自作ソフト
欲しいかも
旅行
ネタ
食べ物ネタ
自転車
仕事
映画
写真
未分類

その他なリンク

その他のジャンル

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

画像一覧

S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31