明治丸

実家の近くに明治丸が展示されているのだが、その内部に入れる機会があったのでいくつか撮影。
カメラを持参していなく、携帯カメラのみだったのが残念。

a0001863_19502110.jpg


晴天だったので、綺麗に撮影できた。
(東京海洋大学キャンパス内)

a0001863_19503480.jpg


明治丸内の御座所。
御座所内の板絵は戦後の接収の際にペンキを塗られたが、後に復元されている。

a0001863_19505259.jpg


一等客室前のサロン




ちなみに、7/20の海の日は、この明治丸が1876年に明治天皇の北海道・東北地方への巡幸に供されて、横浜港に無事帰港した事を記念した日である。




明治初頭、洋式灯台の建設に伴って、その測量やメンテナンスのために灯台巡視船が日本にも登場した。灯台の増加により新鋭船が必要となったため、日本政府はイギリスのグラスゴーにあるネピア造船所に明治丸を発注した。同船は1874年9月26日に進水し、同年11月24日に竣工している[1]。翌1875年2月20日に横浜港に到着し、灯台巡視船の任に就いた。

明治丸は、日本国内における最優秀船であった[2]ため、通常の業務の他にも様々な業務を行い、日本の近・現代史にも業績を残している。

日本に回航された1876年には小笠原諸島の領有問題が生じ、11月21日、日本政府調査団を乗せて横浜を出航し、24日に父島に入港した。新造船で船足が速く、22日に同じく横浜を出航した英国軍カーリュー号より2日早く着き、調査を進められたため、日本の小笠原諸島領有の基礎を固めることができたとされている。

また、御召し船としても用いられており、特に、1876年には明治天皇の北海道・東北地方への巡幸に供され、7月20日に横浜に無事帰港した事を記念して1941年にこの日が『海の記念日』(現在の海の日)に制定された[3]。1875年3月5日の、軍艦・清輝の進水式の際にも明治天皇は乗船している。また1879年の琉球処分の際には尚泰を乗せて東京まで航海し、1887年には高崎五六らの硫黄列島への探検航海に用いられるなどした。

その後、海軍省から譲渡された新発電丸が後任に就くと、明治丸は1897年9月に商船学校(現・東京海洋大学)に貸与された。さらに同年11月には同校に移管され、係留練習船として操帆訓練などに用いられた。1901年12月25日に現在の東京海洋大学・越中島キャンパスに移動し、1911年と1917年には台風や高潮でバウスプリットが折れるなどの被害を受けつつ、1923年の関東大震災や1945年の東京大空襲の際には数千人の罹災者を収容している[3]。

1945年9月には学校とともにアメリカ軍に接収され、酒保になっていた。その後1951年に係船地で座礁したのを契機に接収が解除され、1952年には浮揚させて上甲板などの修理が行われたが、1954年に老朽化のため練習船の任務を解除された。その後も1975年頃までは結索実習などに船内が使われ、1978年5月31日には船として初めて国の重要文化財に指定されている。1988年1月29日に保存修理工事を終え、1989年5月16日から2009年1月まで一般に公開されていた。

1988年の修理後、経年劣化により再度大規模修復が必要となり、大学と文化庁との間で協議が行われ、明治丸修復計画が策定されている。この修復計画を基に、周辺の環境整備や海事技術資料の収集、次世代の海事産業を担う青少年への海事意識啓発活動を行う「明治丸海事ミュージアム事業」が進行中である。

東京海洋大学では2009年度から修復事業等の費用に充てるため、「明治丸海事ミュージアム事業募金」を設置し募金を呼びかけている。
[PR]
by tumugu_32 | 2011-07-10 19:53


徒然なるままに夜明


by tumugu_32

プロフィールを見る
画像一覧

フォロー中のブログ

underground-...
R34 GT-VなBlog
馬鹿と変態は紙一重(馬鹿...

カテゴリ

全体
ニュースとか
面白いもの
戯れ言
謎w
自作ソフト
欲しいかも
旅行
ネタ
食べ物ネタ
自転車
仕事
映画
写真
未分類

その他なリンク

その他のジャンル

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

画像一覧

S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31